2018年01月01日

新年あけましておめでとう。

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、なにかと話題の(?)とある歌手。
といっても、話題になってる歌手ってごまんといそう?
松田聖子さんとか??
彼女も話題ですが、浜崎あゆみさんです。
あゆの事といっても、はっきりと明言はしなかったけど、外国のテレビ番組でちょこっとやってたんですよ。
それによると、「有名な日本のポップシンガー」(あゆ)は、
そのホテルに泊まるにあたってジャグジーのお風呂にしてほしいと言った(?)そうで。

高級なホテルはすごいですね、ジャグジー風呂、入れたんですよ、あゆのために。
一泊何十万とかするんじゃないのかな。
それで癒されていたのか。。。

少し前の話です、ツアーだったみたいです、なのでお仕事ですね。

とはいっても、プライベートでも相当セレブみたいですね。
プライベートだとしても同じようなリクエストはしてたのかもです。
すごいなーー。

そのホテルは日本の皇室の人も泊ったらしく、ホテルの人はお辞儀の練習をしたとか言ってました(笑)。
高級なホテルってすごいーーーー。

2017年12月01日

肺炎の原因

肺炎で亡くなられる方もおられます。
平尾昌晃さんもそうでしたね。悲しい。。

肺炎は細菌やウイルスなどが、からだに入り込んで起こる肺の炎症で、
症状としては、発熱、咳や痰、息苦しさや胸の痛みなどがあげられます。

肺炎の原因となる細菌やウイルスは人のからだや日常生活の場に存在しています。

からだの抵抗力(免疫力)が弱まったときなどに感染を起こしやすくて、
普段、元気に暮らしている方でも、持病の悪化や、
体調不良などをきっかけに、感染する可能性のある病気なのです。

肺炎は、症状が重くなると、命に関わる危険性もあります。
また、日常でかかる肺炎の原因菌で最も多いのは、「肺炎球菌」だそうです。


免疫力をつけましょう!

風邪やインフルエンザには特に注意して、栄養のあるもの食べて
ゆっくり休むことですね。
これがなかなか難しいんだけどねーー。

2017年11月01日

シリアについて

じーーーつーーは、よく分かってなかったシリアのこと。
内戦状態が続いているのは知っていますが、それがどうしてなのか?とか、
分かってなかった、、恥ずかしい。

北アフリカ・中東のアラブ諸国(シリア・チュニジア・リビアなど)では長らく独裁政治が続いていて、
2010年12月にチュニジアで民主化運動(ジャスミン革命)が起こる。
うんうん、、、。

それに影響されてアラブ諸国に民主化運動が広がった。

然シリアにも「アラブの春」の影響を受けて民主化運動が広がる、ふむふむ。。

アサド政権(シリア政府)VS反政府軍の戦いが始まる
アサド政権が優勢で、早々に戦いは終わると思われた

このアサドさんってすごい嫌われてるんだよねー。

しかし「アサド政権を応援する国」「反政府軍を応援する国」がそれぞれ援助を始める
この内戦のどさくさに紛れて「イスラム国」が自分たちで国を立ち上げるという話も出てくる

と、こういうことらしいのですが、漫画にでもなってくれたらいいのに、と思う。
まだ整理できないけど、なんとなくわかった。
(あ、漫画になっても過激すぎて読めないのかもだね、
はだしのゲンみたいに。)

だんだん宗教観も強くなってきてるし、まだ戦いは終わらない。
どうなっていくのだ。。。
一般人のまき沿いはもう見たくないなーー。。。

2017年10月01日

ルバーブって知ってます?

主にヨーロッパで見られるんだと思うけど、ルバーブっていう野菜があります。
食べると青りんごみたいな味なんですけど、見た目はセロリ。
このギャップがなんともいえないね。

ルバーブは、特有の香りと酸味を持つタデ科の野菜です。
見た目はセロリやフキのようですけど、
加熱すると短時間で溶けてしまうため、
一般的な料理にはあまり使われず、
おもにジャムやお菓子作りなどに使われています。

食用にするのは30~40cmほどの葉柄(軸)の部分。
実際はフキのように大きな葉がついていますが、
店頭では葉柄の部分だけで売られていることがほとんどです。
ちなみにフキはキク科で、ルバーブはタデ科なので両者は仲間ではないんですね。


これでお菓子をよく作ります。
お砂糖でにつめてジャムにしたりもします。
美味しいですよ。

最近は日本でも見られるようになったので、スーパーで見たら是非買って食べてみてください。
でもお菓子にするのがいいかなー。
フキとかセロリみたいなもんです。お見逃しなく。

2017年09月01日

美容院で髪を染めたら

知り合いが、美容院で髪の毛を染めたらその日は枕が少し汚れてしまったと話していました。
髪の毛を染めたあとのこうしたトラブルって多いらしいですねー、知らなかったです。
その日はタオルとかをひいて寝るようにしてるとかで、
他にも、次の日に洗ったらタオルに色が少しついた、とかもよくある話らしい。

けっこう面倒なものなのですね、髪の毛を染めるって。

「髪が濡れている状態」というものは色が出やすい状態になっているようですね。
カラーしてしばらくは出来るだけ白のものには注意しておこう。
つくとなかなか取れませんよー。

経験談ですが暖色系(ピンクなど)のカラー時は比較的起こりやすいトラブルです。
十分注意しよう!

熱いお湯で洗うな、ともいわれていて、冬はつらいですね。
美容師さんからもアドバイスは受けられるそうなので、担当の美容師さんに確認したらいいかも。

いきなりタオルが汚れた、とか、枕に色がついた、なんてビックリですよね。
気を付けましょう!

2017年08月01日

ひとりごと

独り言がいように多い人がいて困っています。
うざいですねー。
ひとりごとを言う人って、本当のそういう病気のこともあるけど、
だいたいはメンタルがおかしい人、寂しい人、なにか心に負っている人です。
本人は気づいてないかもだけどそういう人が多い。

自己アピールのために、独り言をはっきり意識して口にする人もいます。
その根底にある心理は「さみしさ」です。
さみしがり屋で、一人でいることが嫌いな人、孤独を怖れる人は、
周囲の人にかまってほしいという気持ちから人に聞こえるように独り言を言うことがしばしばあります。

「困ったなあ」とか「どうしよう」というような独り言を口にして、周囲の人から「どうしたの?」などと声をかけてもらうことを期待しているわけです。

ほんとうに困ったときや、人に助けてほしい時には、
独り言でなく相手に直接声をかけて助けを求めるのがふつうでしょう。

うざいな。。。

でもどうしようもない、離れるしかないです。
家族でそんなんがいたらどうしよう・・・。汗

2017年07月01日

出掛けると・・・

家族のひとりが出かける。
すると携帯が鳴る。持っていけばいいのに。
家族だからって人の携帯には出られないでしょ、相手に失礼だし。
だからほうっておく。
そのまま忘れる。
すると、携帯の着信を見て本人が怒るのだ。どうして岩内の、って。
知らないよねー、そんなの。そもそも出かけるときにはスマホ、持っていきなさいよ。
なにかあったらどーするのだ。
だからこれからは出かける時には「スマホね!」って言おうと思ってます。

すると今度は「分かってる!」って言いながら・・・忘れるんだよねー。
分かってないじゃないかー。こういうのはもうほうっておくしかないのだ。
電話も知らない。聞いても聞いてないふり。気にするから衝突するのだ。

出掛けるとなぜ電話が鳴るのかも謎ですが、だったら出かけなきゃいい、とも思えてきた。
買い物は私がいく、と言えば「いやいや自分がいく!」と。

これもほうっておくことに。

すると、そのうち電話もなくなって、、、なーんてめでたい話なからいいのですがねー。
相変わらず電話はなぜか留守の時になるし、外出の時はスマホをもっていかない。
いいんじゃない、皆こんなんだからさ。
怒るだけで時間とパワーの無駄ですね。

2017年06月01日

あの人の今

急に思い出した、あの北朝鮮の拉致被害者のこと。
特にアメリカ人のジェンキンズさんはどうしているのだろうと。
彼は拉致被害者ではないですからね、曽我さんの旦那さんですし、みずから北朝鮮に行ったのですよね。

ジェンキンスさんは現在、曽我さんと長女美花さん、次女ブリンダさんの4人で暮らしており、自身は観光施設の売店で働いている。

来日当初の体重は48キロだったが、現在は75キロだとか。
おーすごいな。
健康状態は良好という。
「もし北朝鮮にいたら、私は生きていなかったと思う」「佐渡に来て良かった。不満は何一つない」などと語ったのだそうです、あーよかった。

彼は日本にいて幸せなんですねー。
ただ、アメリカには帰りたいのじゃないかな。
お子さんたちは立派に成長したみたいだし、でも家族ないの言葉は北朝鮮の言葉なんですって。
英語じゃないんだ・・・笑

曽我さんも今どうしてるのか気になったけど、とりあえずは旦那さんのジェンキンズさんについて、でしたー。

2017年05月01日

タイタニック

映画に、何度もなっているタイタニック。
あのタイタニックには日本人も乗っていて、助かったのですが、これでめでたし、にならず。
時代もあttのでしょう、「生きて帰ってきやがって」という風潮があったのだそうです。

中傷とは、生還後に「他人を押しのけてまで生きて帰った卑怯者」という世論が巻き起こったことですね。

その方は、鉄道院の第1回留学生としてロシアのサンクトペテルブルクに赴いていました。
2年ほどロシアにいて帰国するとき、知人のいるイギリスに寄り、
そこからタイタニック号に乗ってニューヨーク経由で帰国することにしたようです。

なんとそこであの事件が。
日本人はこの方ひとりだったそうで。

おんな・こどもが優先、とされているのに日本男性が乗っていて助かった、となれば、、、なんとなくわかりますよね。

でもご本人はなにも語らずじっと過ごしていたとか。ここがもう「ニッポン男子!」って感じです。

タイタニックの話は大好きなので、子孫からいろいろな話を聞きたいのですが、
本人はあまり語らなかったしで、資料もあまりなく。

ただ、汚名ははれたそうです。
「乗れ」と言われて乗っただけで、人を押しのけてまで助かったのではない、とね。

2017年04月01日

シミ取り

シミといっても洋服じゃなくて、顔のシミです。
顔にシミのない人なんていないってくらいあると思うのですが、
それを気にするかどうかですよね。

口コミなどを見て化粧品を揃える人も多いのですが、そういうのって効果はどうでしょう?
高いのでね、効果がないとガッカリしますよねー。

とある化粧品の口コミをわあたしも見てみました。
なんだか胡散臭いのもあります、化粧品会社が「書かせたでしょ_?_?」って奴ね。

1年くらい使った人の体験談とかもありました、こういうのは実際に1年使ってるわけだからまだ信用できます。
化粧品会社が1年分をくれたのなら話は違うけど。

この化粧品は、世の中に数ある美白スキンケアの中でも、できてしまったシミ
(日焼けによるシミ(老人性色素斑)・ニキビの炎症跡・虫さされの炎症跡・肝斑など)
メラニン色素を薄くする漂白効果のある成分「ハイドロキノン」が高濃度に
配合されたもの。

高濃度といってもたった2.6%。すごく微量でしょ。
逆を返せば、それくらい、強くて効き目のある成分だということでもあるよね。

ってな口コミとかもありました。
批判ばかりではなくて正直な感想を我々は期待してるわけですからね、
正直に書いてほしいよねー。