2018年11月01日

手の血管

私はまだ(?)ないのですが、手の甲に欠陥が浮き出てくることがありますね。
あれって加齢なんだそうです。。。
実は知りませんでした、若い人でもあるような気がしてた。
チカラを入れる仕事などしてると出やすいのかなって思ってた。

紫外線の影響でも浮き出るそうです、、なんでだろうね。

あとは血管の老化、ですって!
血管の老化でどうして浮き出てくるのかなー?
筋肉質な人が出てるイメージもあります。
運動してる人って血管年齢若そうなのに。

いろいろと対策案を調べていると、なんだか何に対しても同じなんだよねー、
適度な運動
シャワーではなくてお風呂に入ろう
バランスのとれた食事
良質な睡眠
ストレスためない、
時にはマッサージ、、、などです。
どんな病気やトラブルでも同じ。基本は同じってことだね。

痩せていると出やすいらしいですけどね、、、自分も人からは痩せているって言われるので
気を付けていかなくちゃと思いました。

手の甲の血管、気に下事はないのですが、周りでそれがあるのは
子供がいる人(若くても)などで、でも決してそれをどうとか思ったことありません。
でもじっさいに自分に出てきたら「あれー・・」ってなことになりそうなので、
出来るだけのことはします。

つまり、、、基本を守る!これですねー。

2018年10月01日

ルドラクシャ

インドやネパール、インドネシアなどで手に入る菩提樹の実、ルドラクシャ。
これがなかなか人気があるんです。
いろいろなところで売っているようですが、心をこめて作ったものを見ると嬉しくなります、
分かるんですよーー。
手作りならなんでもいい、ってものではない、心をこめて作っているかどうか、です。

そういうものほど、身に着けた時の効果があって、しかも安い。
どうしてか分からないけど、目が円マークにならずに自然に売っていて、
自然に売れていくようですね。
あまり高いのはお勧めしません。
とはいえ、お金を出さないとご利益がないって思ってる人は、どうぞどうぞお金出してください。笑

私はお金もないのですが、安くてよいモノを見る目は持っているつもりです。
安い方がいい、とも言いませんが、安くて良いモノ、を身に着けたいです。

さて、ルドラクシャですが、実はインドネシアのあちこちにあるのを知っていますか?
そのあたりにあるものですが、見つからないだけなのです、
見ても分からない、かな。
見つけられた人はラッキーですね。
それで何か作って身につけていたら絶対良いことがありますよ。本当です。
身に着けるのがコツだそうです、鞄に入れているだけではダメらしい。
ルドラクシャで何かいいことがあったら、是非教えてください。

2018年09月01日

ブログの書き方

時々、なにかにひっかかってブログをあけると、そこにはまたいくつかの文章のタイトルがあって、、
っていうのがあります。
最初の出だしだけ読めて「ここから再起はここをクリック」みたいなもの。
あれ、、、あまり好きではないなー。
おおきなお世話かもですが。

何かのキーワードでひっかかって出てきたのなら、そのまま読みたいです。
ここをクリック、ってのは、内容を読んでさらに深めたい時にあればいい。
最初からたくさんあると面倒でーす。

ブログにもいろいろあって、商用のもの、単なる個人日記、
集客のもの、アフィリエイト。
なんでもいいのですが、見る側が面倒だと思うような作りはやめてほしいな。

あんなんばかりになったら、友宇都悲しいです。

ブログなんだから、インスタグラムをつけただけ、とかも個人的には好きではない。
だってそれはインスタでやれbないいことであって、
ブログは文章読みたくて行きつくんだからー。

文章のないブログなんてー。

って、思いませんか?

2018年08月01日

息子の告白

ニュースで、息子あんと話してたら急に
「自分はゲイかもしれない」と言ってたとかで、
なんとそれを聞いた母親は安心した、というものでした。
どうして安心か。

なんとその母親も「もしかしたら自分はレズビアンかも」って思って生きてきたんですって。
どうして結婚したのか、は、なんでも結婚に強い恋愛感情は必要ない、って思ったとか。
嫌いじゃなければいい、ってことで親の勧める人と結婚してお子さんをもった。

ずっと自分の奥底にあるレズビアンかも、の部分は隠して生きてきたんですって。
それが息子の告白によって気が楽になったと。
なるほどー。

それで自分はレズビアンなのかどうかはハッキリしてないようですけど笑
その違和感のある生活に光が差した、ということらしいです。
こんなこともあるんですねー。

息子さんも「かもしれない」ってdかえだし、ハッキリさせる必要もないかもですが、
親に言えたってことだけでも安心ですね。

違和感をかかえて生きていかなくて済む。
もっとオープンな世の中になったらこんなこともないんでしょうけど、
まだ日本では難しいでしょうねー。

2018年07月01日

なんかおかしい

映画を見て、それを友人に話したら「なんかおかしい」と思う事がある。
二回くらいあった。

一度目のは、その映画はヨーロッパのなんだけど、なんとアメリカがリメイクしてた。
私がみたのはヨーロッパの方で、
有名なのは当然アメリカのハリウッドものだった、ってわけ。

だから友人はそっちの話をし、「??そんな俳優さん出て来ないよ?」
って思うも「主役はこの人のはず!」だった。

内容は同じだけど、作ってる国と会社が違ったというわけ。

もうひとつ、、、というか、よくある話ですけど、
邦題と世界的な題名と変わる事が多くて、
しかもsれって”まったく違う題名になる”こともあって、
これで困惑した。

日本歩の題名漬ける時って、それなりに映画がヒットするようにするんだろうけど、
原作とまったく違って、まるで想像もつかないものになってると
話しもおかしくなるんです。

あれを考える人も大変でしょうけど、なるべく原作と同じにしてほしいなー。

なんかおかしい、と思う事を2つ書いてみましたー。

2018年06月01日

レントゲン

レントゲンでは分からないこともあるし、わかってもどうしようもないこともある。
膝の調子が悪くてレントゲンをとりましたが、どうやら異常はないみたい。
分からないんだけどね、、、「何かあったら連絡します」で、
なにもないってことは異常なしなんじゃ・・・・。

でもヒザが痛い事には変わりはないので、なんとかしてほしい。

痛み止め飲みなさいとか、そういうのはいらない。
mなんとかして改善したい!!

とある人が「レントゲンでは分からない」と言っていました。
医者が”そのつもりで見なかったら”分からない、という意味なのか、
レントゲンだけでは診断できない、ってことなのか、そこが分からない。

レントゲンで分からないなら、何で分かるのだ。

分かるやり方で調べてくれよ。

、、、そう思いませんか?

医者に行った意味がないじゃないか。
レントゲン撮ってお金とって、「分かりません」じゃ怒るよ。

どうしたらいいのだ。。。。セカンドオピニオンか。
時間ばかりが過ぎていきます。泣

2018年05月01日

したたか

したたかな女性ってのはいるものですが、男性はそれを分かってないのでしょうか?
いえいえ、分かってますよねー。

上司に可愛がられたり、面倒な役回りからはサラリと逃げ出したり、
したたかな女は世渡り上手です。

上司から気に入られるのは、空気を読んで行動することができるから。
したたかな女と言われる人は、能力が高い人と言えるでしょうねー。

またイヤなことから逃げ出せる行動力は、
自分の気持ちに素直に生きる強さの表れです。
優秀で、ハッキリと物を言うタイプ。
したたかな女とは、そんな現代的な女性なんですね。

要領が良く仕事もできるしたたかな女は、「勝ち組」であるがゆえに、
反感を持たれやすいところがネックかもしれません。

、、、というわけで!あなたはしたたかですか?
これってマイナスイメージなんでしょうか?
そうでもないような気が。

まわりにしたたかだなって女性がいたら、あなたはどう思いますか?
害がなかったらいい。私はそう思っています。
害ってなんだ?・・・・恋敵とか?

2018年04月01日

ファッションリーダー

北朝鮮にもファッション・リーダーが??
あのキムジョンウンの奥さんがそうなんですって。
え?
誰??

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の夫人、オクサマ、、、
李雪主(リ・ソルジュ)氏の洗練されたファッションが
北朝鮮の女性の間で話題になっているのだそうです。

あれ?
奥さんいたの?
名前まで出てる。

2009年に金氏と結婚した李氏は、徹底して公開活動を控えてきたこれまでの北朝鮮の指導者夫人と違って金氏に同行して公の席に頻繁に姿を現して、存在感を示しているんですって。
なんででしょうねー。

初めて公の場に姿を現した時には素朴なスタイルの黒いツーピースを着ていて、時間が経つにつれて
ミニスカートを着たりハイヒールを履いたりするなど、
華麗で洗練されたファッションを披露しています。

海外の有名ブランドも好み、「ディオール」「プラダ」
「レッド ヴァレンティノ」などの洋服やハンドバッグを
身に着けている姿が捉えられたんですって。

うわーー。
知らなかった。
奥さんがいて、けっこう露出してるんですねー。

北の世界でファッション・リーダーって、あまり説得力ないね(笑)。

2018年03月01日

バリ島っていいな!

バリ島が好きな人って多いけど、私もそのひとり。
あんな素晴らしいところはないってくらい好きです。
行ったことありますか?
もしまだ行ってないのでしたら、是非行ってみることをお勧めします。

食べ物は美味しいし、物価は安いし、皆フレンドリーだし、マッサージもあるし、
観光するところも盛りだくさんです。

友達は、バリ島って聞くとすぐに行きたくなってウズウズするらしい・・笑
リピーターも多いし、納得ですけど笑ってしまう。

お寺巡りなんかいいですよね。けっこう絶景なお寺もあって楽しい。
あの歴史を調べたらもっともっと面白いだろうなって思います。

マッサージも安い。
街には至るところにマッサージがあって、皆プロです、そうは見えなくても(笑)。
なので安心してお店に入ってマッサージを受けてくださいね。うまいですよ、寝ちゃう。

種物は、カライのが苦手な人はよろしくないかもだけど、辛くないのもあるし、
日本人の舌には合ってると思います。
ぜひぜひ一度バリ島へ。
リピーターさんは、、、是非またバリ島へ(笑)。
あんないいところないですよ、ほんと。

2018年02月01日

この人の生き方

とある、強い女性の生き方について、です。

今日は、スカーレット・オハラ。
あの名作の主人公ですね。

この女性、かなり性格が際立っていまして。
一言で言えば「イヤな女」の典型でしょうね。
実際にいたらかなり女性に嫌われていたでしょう。
でも、すごく美しい。

彼女は南部の裕福な地主の家に生まれてその美しさゆえに言い寄る男は数知れませんでした。
それをまた彼女も当然と受け止め、心地よく思っていたのです。

そんなとき彼女の前に現れた良くない噂のレット・バトラー。

まわりにいるような取り巻きの男たちと違う彼の横柄な態度に心引かれながらも腹を立て、
追い返すスカーレット。

でもそういう生活を楽しみながらも彼女には意中の人アシュレーがいて
彼と結婚することを決めていました。

しかし心優しくて「いいひと」の典型であるアシュレー
(高慢ちきな女ってだいたいこの手の男が好きになりません!?)
は同じく心優しき聖女のメラニーと結婚してしまうのです。

その腹いせに(ここ好き)、スカーレットはメラニーのお兄さんと結婚してしまいます。

先日、なぜかテレビでやっていて、また見てしまった、
セリフが言えるくらい見てます、それくらい好き。

スカーレット・オハラ、私は彼女の生き方、好きです!
決して自分はなれませんけどね。